『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

桜はないけど

新緑がキレイな広州。

「最近の岡田さんは、何か面白くないです」

http://news.yahoo.co.jp/feature/130

禁煙1周年

母が今日で66歳になった。おれの中でおかんは38歳くらいなんだけど。気づいたらおれが38歳になってた。偶然、今日で禁煙して1年が経った。うちは特に誰の誕生日も祝わないけど、一種のプレゼントみたいなものかな。

花粉か湿気か

この季節、日本からのメールにはたいてい、「花粉」に悩まされる話が書いてある。中国南方に花粉の話は全く聞かない。でも、ここには、「湿気」がある。この湿気の具合は日本では味わえない。写真は、墨だ。すり残しの墨に浸かっていたとはいえ、曲がってフ…

ピアノ

広州市花都にある康楽村の駱伯は目が見えない。 目が見えなくなってから、ある企業の社長さんにピアノをプレゼントしてもらい、練習を始めた。 僕らが村を訪ねると、ピアノを弾いて歌を歌ってくれる。

隆伯

湖南省西湘鳳凰の村人・隆伯。 妻を亡くしてからは、この表情でいることが多い。 Photo: Koki Oconnor

壮族の飲み方

さて、これは何でしょう? …お茶碗に入った白酒(焼酎)です。 これから、飲み会が始まります。 ここは、広西壮族自治区崇左市大新県バーグアン村です。 こうやって、ひとつのお椀に入ったひとつのレンゲを使って、みんなで飲ませ合います。 最初は普通に飲…

新たな出あい 〜次の段階を目指して〜

過去14年間は、ハンセン病快復村での活動をほとんど寄付で行ってきた。でも、それも、限界だ。もう、寄付集めには、正直なところ、疲れた。今年は、自分たちでお金を生み出す方法をつくらねば、息の長い活動はできない。でも、どうやって…??わからない。自…

おれも信じたい

パソコンが出てきた

そろそろ大切な電話がかかってくる。でも、いい場所が見つからない。やっと見つけた場所は音楽が少々うるさい。が、仕方ない。バッグを塞いでるパソコンを取り出し、ノートを準備すると、電話がかかってくる。(ちょっと音楽がうるさいかな…)なんて気にしな…

娘との朝

朝は娘のリンを小学校まで送る。3年生になったら1人で登下校して良い決まりになってる。こうやって送るのも、あと半年。長洲の安来街を抜けて…安来市の門をくぐり…最近できた意味不明の建物を右手に見ながら行く…ずいぶん大きくなったものだ…

あの時の感覚

だんだん早起きが習慣になってきた。…かもしれない。目覚ましが軽く鳴り、ガバッとふとんを跳ね除ける。あたりはまだ真っ暗だ。テキトーに服を羽織り、少し震えながら外に出る。今日も朝歩きが始まる。まずは長洲島の川辺を歩いていく。川面から吹いてくる風…

ハンセン病快復村ドキュメンタリー公開

4月に広州でイベントを開催する。主な内容は、ハンセン病快復者のドキュメンタリー鑑賞。このドキュメンタリーは、JIA事務局と地区委員会とで2015年から行っている「ハンセン病快復村の記録プロジェクト」(オックスファム助成プロジェクト)によって生まれ…

朝日新聞Globe

朝日新聞の日曜版のGlobeに取り上げていただきました↓ [No.168]原田燎太郎/Harada Ryotaro -- 突破する力 -- 朝日新聞GLOBE

朝の早歩き

旧正月を迎えてから始めた朝の早歩きが続いてる。毎朝5時半から30分くらい、うちの周りをぐるりと周る。どうやらうちらのペースは100メートルきっかり1分だ。30分で3キロ歩く。

I will remember you...

アメリカSwarthmore大学の学生が毎年、2-3名で中国にやってくる。2012年の夏にやってきたのはステファニーとコリン。2ヶ月以上中国に滞在し、1-2週間のワークキャンプや個人的な村訪問を繰り返した。 そこで感じたことをまとめたのが、この映像。 村で起こっ…

Happy Valentine's, to all. Charlie Chaplin – as I began to love myself

As I began to love myselfI found that anguish and emotional suffering are only warning signs that I was living against my own truth. Today, I know, this is “AUTHENTICITY”.As I began to love myself I understood how much it can offend somebo…

変わらない潮州のバス停

普段広州と潮州を行き来するときは潮州で一番大きなバスターミナルを使う。でも、12-13年前までは潮州西駅が主に使われていた。昨日のイベントを終え、広州に戻る新幹線のチケットは取れなかった。旧正月も6日目になり、休みがそろそろ終わるので、また民族…

「聴潮」、無事終了

(ホントに1000人も来んのかな…)なんて思いながら、広州から潮州へ向かう。つい最近までバスで6-7時間かかった潮州までの交通は今、新幹線で3時間となった。しかも、値段は新幹線の方が安い!(バスは180元、新幹線は164元)会場、でかい!1000人の定員に対…

力強さ

湖南省西湘鳳凰の村人・呉大叔。 ハンセン病の後遺症は重いが、がしがし山道を歩いていく。 その彼の後姿。 Photo: Koki Oconnor

聴潮

2016年2月12日、広東省潮州市で潮州版TEDのようなイベント「聴潮」が開催される。 それにスピーカーとして招待された(リンク)。 本来ならば潮州人のみがスピーカーとなり、潮州語で話さなければいけないというイベントだ。 しかし、僕の場合は「潮州人に婿…

「蘇」

毎年、漢字一文字で一年の目標を立てる。今年は、「蘇」。去年の4月から、組織のマネジメントや資金の問題で、落ちる一方だった。特に9月以降はボロボロだった。年を越して2016年になっても、ダメだった。そして、昨日、中国の旧正月元旦を迎えた。僕の体内…

2003年7月21日  

リンホウ村にて 今年の夏のキャンプで行うワークについて村人と話し合う。 2003年3月に建てた家屋に天井を張るという案があるが、村人の若深さんによると、「不要」。 それよりも、家屋のひさしを伸ばす方が役に立つ上に、室内も涼しくなるという。 材料につ…

2003年7月18日

広州へ移動。バスで12時間。あいやー。 HANDAの会計のおじさん・朱さんが料理して私たちの帰りを待っていてくれた。うまい。その辺のレストランより絶対うまい。労働の後のビールもうまい。 食事の後… 林志明:(今回のハンセン病快復村調査旅行では)「あ…

広東省東部快復村調査旅行

2003年7月17日 12コ目の村のデータ 医院名称:平遠県麻風病院 電話:0753-8824631 設立:1957年 郵便番号:― 院長:林 村長:― 村内電話:― 住所:広東省梅州市平遠県仁居鎮野湖郷 村人数:1名(最大190名前後) 平均年齢:6…

広東省東部快復村調査旅行

2003年7月14日 目的達成 朝、リンホウ院長に電話をすることになっていたが、予定を変更した。まずはリンホウ医院に昨日の職員を訪ね、彼に村長を説得してもらうことにする。 「アー、プーヨウ、プーヨウ」。 村長は意地になって表に書き込むことを断る…

広東省東部快復村調査旅行

2003年7月13日 自分の自分に対する偏見 朝。ホテルにて。林さんと欧さんにお願いする、 「リンホウ医院の蘇文秀村長に、ハンセン病に対する差別が昔ほどないことを伝えてください。この度の調査旅行で各医院の職員や一般の人々はあなた方にとてもよく…

広東省東部快復村調査

2003年7月12日 6コ目の村のデータ 医院名称:潮陽区竹棚医院 電話:0661-3822535 設立:1966年 郵便番号: 院長:郭 村長:― 村内電話:― 住所:広東省汕頭市潮陽区 村人数:65名(最大200名前後) 平均年齢:65.5歳 生活…

広東省東部快復村調査旅行

2003年7月11日 4コ目の村のデータ 医院名称:掲東県西坑医院 電話:0663-3311762 設立:1956年4月 郵便番号:515561 院長:鄭樹通 村長:囉癒居 村内電話:― 住所:広東省掲陽市掲東県地都鎮西坑医院 村人数:99名(最大5…