『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

蘇文秀村長との筆談

原田「なんで郭さんは劉さんに対して怒ってるんですか?」

村長「劉とおまえらの友達の女の子が握手し、劉の部屋に入っていろいろ見てたからだ。郭は気に食わないといっている。何かあっても無くても、すぐ怒る。原因は不明だ。精神が正常ではないんだ。繊細な人間なんだ。あいつの死んだ両親が脳膜炎症だといっていた。他にも兄が4人いて、姉3人は嫁入りした」。

村長「(タバコをさしだし)ホゥッ!ところで昨日、1台170元で自転車を買ったろう?翁副院長がいってたぞ。高いなぁ。(朝食を村長宅で食べている郭さんを見て)冷や飯も食べるんだ。精神にハンデがある。(原田がネコを触ると、)このネコは夜、ネズミを捕まえるんだ。ネズミはいろんなものを盗み食いするからな。日本には同じようなネコがいるのか?」

原田「いますよ。泉が飼ってますよ。昔はウサギも飼ってました。真人ってあの大男もウサギを飼ってました。『真人』って名前は孔子か誰かの文章からとった名前らしいですよ。名前が偉大すぎて困ってるとか」。(笑)