『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

蘇文秀村長との筆談

原田「雄志がここに来るように言えってことですか」。

村長「いや、おまえは彼のところに行かなくていいのかってことだ」。

原田「そうですね、でももう少しここにいます。それとも、もう眠いですか。それならもう行きます」。

村長「雄志のところにいく必要があれば、行きなさい。好きなようにしろ」。

原田「じゃ、いこうかな。いろいろ話したいことはありますが、また明日」。

○月×日たしか、村長宅の壁にはってある職員のリストをみた日。

原田「診察のためにくるんですか」。

村長「村人ひとりひとりやその他を視察するためにくるんだ」。

原田「医院の職員は村人全員を診察するんですか。薬はくれるんですか」。

村長「軽い風邪なら薬をくれるが、重病の場合はむずかしいな」。

原田「重病患者に薬をくれないんですか」。

村長「重病の場合は古巷病院にいくんだ」。

原田「どうやって?」

村長「ルン盛(孫)か誰かひとりに頼んで自転車にふたり乗りしていくんだ」。