『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

パーティー

この研修は「白諸村ワークキャンプ」とも言えそうな研修だ。今日は村でパーティーを開くという。

観光旅行中止

よく晴れた朝。グレイスが浮かぬ顔をしてファニーと話している。さっきまで白諸村の医院長と電話していたのだが。

わけを訊くと、村人と一緒に「七星岩公園」に行く計画に院長からストップがかかったという。私たちが村人と何かをしようとするときは、必ず院長の許可を得なければならない。すべての段階を院長の同意のもと進めねばならない。

「ここ(村)は私の領域だ。私の許可なく勝手に観光に連れて行かれては困る」。

院長はそう言って怒っていたという。

村人はこの企画を楽しみにしていて、80人もの応募者があった。初めて旅行計画を立てたとき、村人は街に行きたがらなかったという。ところが、ひとたび街に行ってみると、飯はうまい上に偏見は特にないことを知り、応募者が殺到するようになったそうだ。

この村でワークキャンプをするとしたら、それは容易ではないだろう。

「リベートを医院側にしっかり取ってもらえば、村でキャンプすることは可能ですかね?」

グレイスにそう訊くと、彼女は大きくうなずく。結局、ものを言うのはカネなのか。

傷を大きくする??

足の裏のタコにナイフをあてる。慎重に傷口の周りのタコをそぎ切っていく。見ていたファニーが言った、

「傷の穴の周りの皮をもう少し切り取って」。

治り始めているにも関わらず、タコ傷を大きくするのだろうか。

「傷の際の皮を切り取らないと、傷口が膿んだまま皮が覆い被さるようにしてふさがってしまうの」。

私は思い切って傷の際の皮にナイフを立てる。

この村人のタコ傷はまだきれいな方だ。骨が見えている足、膿みで真黄色になった大きな傷を持つ足、指が壊死している足。いろいろな足を見た。

私の足。魚の目の後が残り、ところどころ硬くなっている。

「おれの足ってきれいだなあ…」。

「ごめんなさい」

「文娯室」で村人と一緒に歌を歌ったり、ゲームをしたりした。すべてがグレイスのペースで進んでいく。彼女は乾いた大声で村人をリードしていく。

1時間ほど楽しんだ後、グレイスが村人に語り始める。

「ごめんなさい、十分なタコ削りができなくて。ごめんなさい、物をたくさんあげられなくて。ごめんなさい、観光旅行がダメになって…」。

グレイスは左腿を骨折したため、しゃがむ姿勢をとることができない。階段の上り下りも辛い。この足のために、看護士を引退した。それでも、MMCのボランティアとして療養所を訪問し、タコ削りを行っている。そんな彼女が、ごめんなさいばかり言う。

突然、1人の村人が大きな声を出して彼女のスピーチを止める、

「その気持ちを受け取った!」