読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

ALA活動計画

曽さん、やっぱりイイヒトだ

やることだらけの合間を縫ってHANDA通信を部屋で翻訳していると、少し酒臭い曽さんが来る。

「うちは電気がないから、夜は真っ暗なんだ。昨晩は、間違えてメシを鼻に突っ込んじまったぜ」。

そう言って曽さんは高い声で豪快に笑う。

彼とはまあまあ会話が成立する。曽さんは普通話(中国の共通語)を話す上に、私のたどたどしい単語の羅列のような普通話を身構えるようにして聴いて理解してくれるからだ。

そこへ、隣部屋の孫シュウシュウが通りかかる。何日か前に激しい口論になった2人が顔を合わせる。と、曽さんは穏やかな声で、シュウシュウに何か話し掛ける。シュウシュウも普通に応える。

ケンカしない人はいない。リンホウの人々だってケンカする。2人はたまたま言い争ったが、根に持っているわけではないようだ。

曽さんはタバコを1本吸い終えると、椅子を立つ。

「あんたの仕事を邪魔すんのは良くないからな」。

そう背中越しに言いながら彼は部屋を後にする

蘇文秀村長の略歴

蘇村長が略歴を書き終えた。

「プーハオ、プーハオ」(出来が悪い)。

村長は何度もそう言いながら、B5で4枚に渡るそれ(私信も含む)を渡す。翻訳が終わり次第、掲載する。

「愛心天使」(ALA, Angels of Love Association)の活動計画

ALAはHANDAの求めに応じて、3項目からなる次のような活動計画書をHANDAにメールした。

1.ALAの任務

HANDAの新支部として、ALAはHANDAに対して責任を持って行動し、全力を傾けてHANDAの要求を守る。また、その活動のすべてをハンセン患者のために行う。

2.村人のための計画

① 物的支援

村人がハッピネスを得るためには、基本的な水準が必要だ。ALAは大学内で蚊帳、シーツなどの寄付を募る(訳注:この大学はほとんどすべての学生が寮生活をしているので、卒業生が蚊帳などを寄付してくれる)。大学外では、企業やその他の団体を訪問して協力を要請する。

② 精神的支援

ALAは村人の精神的な必要に特別な重きをおく。物的援助が基本的な水準を超えれば、要求は高まるばかりで満足することはできない。村で活動してきたこれまでの経験から言って、物的な支援よりも心理的な支援が必要とされている。具体的活動を以下に示す。

-村を訪問し、孤独感を和らげる。

-村人が「ハート」を知ることができるように、彼らの話を聴く。ALAのメンバーは村人と深く理解し合えるだろう。

-村でパーティーを開くことで村人を支援し、相互の理解を深める。村人間の問題も収まるかもしれない。

-医療系の学校に支援を依頼する。

-何か新しいことを村人に習得してもらう。それは生きがいになるかもしれない。

3.新メンバーのための計画

新メンバーにはハンセン病に関する知識を持ってもらう。メンバーは村人を気遣う方法を知っておかなければならない。具体的には以下の通りだ。

-先生方にお願いして、村人が自信と自尊心を築き上げるのを助ける方法を講義してもらう。

-ラブとは何か、どのようにしてラブを示すかを学ぶには、多くの人の意見を聴く必要がある。ALAは、教えられるものを持っている人、経験を分かち合える人を招くことを考えている。

-団体精神を高めるため、ALAはいくつかの研修や活動を考えている。

-ハンセン病快復者を差別する人々を変えていくために、写真を利用する。

-可能ならば、HANDAに医療的な研修をお願いしたい。

ヴィヴィアンとの電話

このメールを受けて、私はHANDAの反応を探るべく、ヴィヴィアンに電話してみる。

「ALAは『ハンセン病患者』って書いてますけどねー、もう『患者』じゃないんですよー」。

計画書を見ての感想を訊くと、ヴィヴィアンはまずこう言う。ひとたびハンセン病を病むと、後遺症のためか治癒後も「患者」扱いされることがある。ハンセン病支援に携わる団体・ALAは、その設立以前からハンセン病に対する知識不足を指摘されてしまった。

苦言は続く。

「HANDAが師範学院に送るべき書類は何かということが書いてありませんねー」。

ごもっともだ。HANDAにすばやい対応を要求しても、これではHANDAは動きようがない。

さらに、

「ALAは村人の治療はしなくていいですよー」。

これはALAにとって朗報だ。ALAはHANDAの名前だけを借りて責任を負わせることに引け目を感じ、治療をすると無理して計画書に書いたからだ。ALAの目的は治療にはない。

「別に引け目を感じる必要はないんじゃないですかー。村人のために何かをするという目的はHANDAとALAとで一緒なんじゃないですかー。治療をして事故を起こすことの方が心配ですよー」。

その他の点としては、ALAの活動の持続性をヴィヴィアンは心配していた。

この電話での話し合いの結果は、ALAにメールで伝えることにする。

集会所

昨日の昼前、孫シュウシュウが長屋Aの空き部屋にテレビを運び込んだ。長椅子を3つ並べて集会所が出来上った。

一昨日の夜、シュウシュウの部屋に携帯電話の充電をしに来た四川省貴州省の人々は、テレビがあるシュウシュウの部屋で長いことテレビを見ながらにぎやかにしていた。ズラリとシュウシュウの周りに彼らは座り、中国版『マトリックス』のような人気番組を見る。シュウシュウは終止ご機嫌だった。

一方、3部屋隣に住む村長は、節電して部屋の電気を消し、独り自室の入口で涼んでいた。それを知ってか知らずか、孫シュウシュウは自室のテレビを集会所に移した。

今日の利用者は、電気を使えるようになる夜にテレビを見に来た四川省の人々だけだ。彼らが帰った後、私がニュースを見ていると村長がやって来るが、中に入らずにもう寝ると言って去っていった。多くの村人の溜まり場となることを願う。