『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

布袋隊

「布袋隊」

蘇さんが「銀花茶」を出してくれる。茶色い液体を恐る恐る飲んでみる。甘い。

「砂糖、砂糖」。

蘇さんが日本語をしゃべっている。私には教えた覚えがない。

彼はタバコをくれながら言う、

「タバコ吸いたい」。

キョトンとする私に蘇さんは教えてくれる、

「子どもの頃に覚えたんだ」。

戦争中に日本軍人が使っていたからだ。日本軍が潮州にやって来た頃、蘇さんは9歳か10歳だった。彼が17歳の時に日本軍は引き上げていったという。日本軍の略奪の現場を見たこともあるのだろうか。

「ヨウア!」(そりゃ、あるさ!)

蘇さんは筆談で語り始める。当時、日本軍は潮州市内にいた。物資を十分に持っておらず、略奪にくることが多かった。彼らは「布袋隊」と呼ばれていた。人々のモノを奪い、袋に入れて持ち去るからだ。「布袋隊」が来たとき、蘇さんたちは逃げた。命が危険だからだ。戻って見ると、叔父の家が燃えていた。

「こんな話はする必要ない。おまえさん、本で読んだことがあるだろ。あれと同じだ。多くの人々が惨死した」。

蘇さんのハンセン病発病は、戦争による貧困が原因かもしれない。蘇村長も戦後に発病している。中国のハンセン病は戦争抜きに語れないのかもしれない。

「時代は変わったな。今おまえさん方は村にトイレ、家、水道をつくるんだから」。

蘇さんのフォローを素直に受け入れられない私に彼は言う、

「気にするな」。

ユメミル

松立さんがタバコを落とす。彼は両手でそれを挟んで拾い上げる。彼の指は短いか無いかのどちらかだ。松立さんは右手を器用に使ってタバコを左手の指の間に押し込み、再び吸う。

私は同じよく夢を見る。コンタクトレンズが川辺にたくさん落ちている夢だ。

(こんなにあれば、コンタクトを無くしても大丈夫だな)。

そう思いながら拾い集めるうち、それが魚のウロコであることに気づく。

松立さんは、手が自由になる夢を見るのだろうか。

SARS情報

蘇村長によると、広東省政府は昨日、広東省から香港への旅行、通商を許可したという。また、潮州のラジオはSARSに対して勝利を収めたと語ったそうだ。師範学院の隔離が終わる日も近いか。

今日のイタダキモノ

蘇さん:昼ご飯(インゲンのチャーハン)、夕飯(貝のニンニク炒め、野菜炒め(空心菜)、卵焼き、ゆで卵)

若深さん:レバー

カンペイちゃん:ヤマイモ