『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

許さんの検査

許さんの検査

今日か明日に来るはずの院長が来ない。許さんの病状についてのマイケルのコメントを一刻も早く伝え、許さんに検査を受けさせて欲しいのだが。ただ、院長は恐らく検査費を出すことに同意しないだろう。そのときは師範学院の学生に頼んで寄付を集めてもらい、許さんが検査を受けられるようにしたい。とにかく、まずは院長に伝えねば。

「老蘇(蘇村長)、もし院長が明日来なかったら、ジエシャンに頼んで院長に電話してもらってもいいですかね」。

「ジエシャンか。彼女は面倒がるんじゃないか。テスト中だろ」。

「あの子はアタマいいから大丈夫ですよ」。

「ヒヒヒ、チァロンと違ってか?」

カンペイちゃんの略歴

村長に続き、カンペイちゃんも略歴を書いてくれた。翻訳が終わり次第掲載する。

「蘇文秀」か「蘇某某」か

夜、村長の部屋。

「彭小姐(ヴィヴィアン)が携帯電話にメッセージをくれましたよ。『略歴をHANDAのニュースレターに載せることに同意して下さってありがとうございます』って」。

「あー、あれは出来が悪いんだ。あれを載せて何の意味があるんだ。おれの名前は出さないでくれ。『康復者』(快復者)とでもしておいてくれ」。

こんな種類の村長の笑顔を見たことがない。身体全体が軽くなっているような喜び様だ。

「何を言ってるんですかー。『苦難不在人間』の著者・林志明さんが評価してくれたんですよ。『康復者』じゃもったいないですよー。『蘇文秀』で行きましょうよ」。

「あー、名前はいらん、いらん。そうだろ」。

「うーん、そうですかね…」。

「とにかく名前を出すのはやめてくれ。あれを載せて何になるんだ」。

村長は、笑いに必要な顔の筋肉をすべて動かしている。

「あれを読んだ学生がハンセン病差別を憎み、リンホウでの活動に加わるかもしれませんよ。まあ、そこまで言うなら『康復者』とするよう彭小姐にいっておきます」。

「…」。

一瞬、淋しそうな表情を見せて村長は言う、

「『蘇某某』くらいならいいぞ。どうだ、それならおまえも同意するか」。

「たくさんの人に過去のプライベートな話を知られたくないんですか、それとも謙遜して言ってるんですか。謙遜なら同意しません」。

村長は心の底から笑って言う、

「勝手にしろ」。

今日のイタダキモノ

松立さん:インゲン

若深さん:もち