読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

劉振華医師

劉振華医師

先日アポを取った劉先生に会いに行く。彼の肩書きは、「第一軍医大学附属珠江医院神経内科、解放軍神経医学研究所主任副所長」だ。日本語を忘れてしまった彼とはジエシャンが話し合う。

リンホウの医療を巡る状況を説明し、リンホウにきてくれるか、あるいは潮州の医師を紹介してくれるように頼む。結果は、潮州は遠すぎるので行くことはできない、潮州には親しい医師がいないので紹介することもできないということだった。ただ、楊坑村のある清遠市くらいなら支援できる可能性がなくもないという。また、寄付をするのでHANDAの口座を教えて欲しいとのことだった。

とにかく、明確なプランを練り、必要予算をたてるように言われた。漠然としすぎていて支援しようがないとのことだった。ごもっとも。

リンホウ医療改善計画

そこで考えたのが次のような計画だ。

(1) ボランティアの医師にお願いして月に一度、健康診断を実施し、

(2) 病気を早期に発見し、病院に連れて行く。

(3) その費用は学生が寄付を集めるか、あるいは企業訪問をして賄う。

しかし、私は医者ではない。この計画が有効なのかはわからない。HANDAの医師・マイケルと相談しよう。