『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

パソコンが出てきた

そろそろ大切な電話がかかってくる。
でも、いい場所が見つからない。
やっと見つけた場所は音楽が少々うるさい。
が、仕方ない。
バッグを塞いでるパソコンを取り出し、ノートを準備すると、電話がかかってくる。

(ちょっと音楽がうるさいかな…)

なんて気にしながら話す。

(やっぱり、外に出た方がいいかな…)

バッグを抱えて外に出る。

何とか、無事に電話を終える。

ホッと一息ついて、次にあう人のところへ向かう。

30分くらい経ったとき、気づいた。

(パソコン、あそこにおいてきた!!!)

ここは、中国だ。
もう、出てこないかもしれない…
バックアップしてない幾つかのファイルが頭をよぎり、クラクラしてくる。

店に着くと、店員さんは素っ気なく、「知らない」という。
悲壮な表情を見せると、マネージャーを呼びに言ってくれる。

「何色のパソコン?」
「黒に近い灰色です」
「メーカーは?」
「Aです」

奥に入っていったマネージャーの手には、おれのパソコンが!!!

「ありがとうございます!ありがとうございます!」

もー、涙出そうになる。

「いいのよ」
とマネージャーは微笑む。