読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

平塚ロータリークラブと村へ

f:id:tynoon:20161213075955j:image

平塚ロータリークラブのメンバー5名と広州の学生3名が村に到着。

広州から2時間半の道のり。

 

f:id:tynoon:20161213080002j:image

f:id:tynoon:20161213080019j:image

まずは村をぐるり一周して、村人にあいさつ。

その後、村人の甘さんのうちで鍋を囲む。

 

f:id:tynoon:20161213080033j:image

鍋の後は村人の謝さんが白酒に(焼酎)を少し飲ませてくれた。

 

f:id:tynoon:20161213080042j:image

 

夜は広州に戻り、JIAのOG/OBも交えて食事。

f:id:tynoon:20161213080058j:image

 

クラブのメンバーの1人の話では、村での滞在時間は短く、僕がよく話す村人の「生き様」にまでは触れることができなかった。

ただ、学生やOG/OBからは感じたことがたくさんあった。

来年2月、平塚ロータリークラブはJIAの中国人職員とボランティア5名を平塚に招き、平塚の高校生との交流会を開催する。

 

「なぜボランティアをしようと想ったのか。そこから何を学んだのか。これから何をしていこうと想うのか。それらを、高校生たちに直接語ってほしい。高校生たちがどんな反応をするのか楽しみ」。

 

そんな言葉を残し、ロータリークラブのメンバーは日本に帰って行った。