読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

ワークキャンプの本質

シャオヤオが2015年12月からJIAの事務局長を務めている。

彼女は医学生だった2005年1月、初めてワークキャンプに参加する。

2008年に卒業後、医学には進まず、JIAの事務局で働くことを選ぶ。

曰く、

「医者を目指していた私は、同じように人を救うのであれば、

医学に頼らなくてもいいのではないかと思うようになりました」。

『私がJIAで働く理由』

 

そのシャオヤオと僕は、実は、コミュニケーションがうまく行かないことが多い。

以前、僕は、それは「シャオヤオの問題」だと思っていた。

彼女は頭の回転が早く、口の回転はそれ以上に早く、鋭い。

まさに、カミソリ。

そんなシャオヤオに問い詰められると、僕は思考が停止し、蛇に睨まれた蛙のようになる。

 

しかし。

例の「自尊」(2017年2月27日のブログ)で考えると…

僕はそうやって自分の言いたいことを言えず、自分を押し殺し、低めている。

と同時に、それは、シャオヤオに対してもものすごい失礼なことであり、彼女を押し殺し、低めていることになる。

つまり、自分にとっても、シャオヤオにとっても、いいことはない。

 

そこで、僕は、今年1月5日以来、丹田に力をためて、シャオヤオに自分の想っていることを伝えるようにしている。

その後、二度ほど大きめのぶつかり合いがあった。

ただ、回を重ねる度にお互いへの理解が深まっていることを感じる。

(12年も一緒に活動していて、何を今さら…)と思う。

が、本当に、そうなのだ。

 

さっきは、シャオヤオとぶつかった後、宝物のような言葉がシャオヤオから出てきた。

「私が想うに、(それぞれの人が)『ちがう』ということこそが、ワークキャンプの本質。ぶつかり合い、そして、わかり合うこともまたワークキャンプの本質」。

 

f:id:tynoon:20170228150009j:plain

シャオヤオ(左)と幼いころのりんほう(僕の娘)