『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

「哲学」

これまで15年続いてきて、2万人が参加したJIAには何か価値があるはずだ。

しかし、それが、言語化されていない。

どうしても、言語化したい。

 

と想いながら本を読んでいたら、下の文章に巡りあった。

この言語化の過程は、自らの強みを理論化し、敷衍化していく知的戦い。

思想。

それは「哲学」だと先週土曜日には聞いた。

 

f:id:tynoon:20180206093358j:image

f:id:tynoon:20180206093345j:image

 

JIAの「哲学」って何だろう。

おれの「哲学」って何だろう。

 

と想いながらニュースを読んでいたら、こんなのがあった。

「異質な者同士の出会いは、技術を飛躍させる上で欠かせない」。

「多様性のある場」。

このあたり、ものすごく近い気がする。

 

f:id:tynoon:20180206093336j:imagef:id:tynoon:20180206093331p:image