読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『猪突盲進』-原田燎太郎

World as One Family by Work Camp

「聴潮」、無事終了

(ホントに1000人も来んのかな…)
なんて思いながら、広州から潮州へ向かう。

つい最近までバスで6-7時間かかった潮州までの交通は今、新幹線で3時間となった。
しかも、値段は新幹線の方が安い!(バスは180元、新幹線は164元)

f:id:tynoon:20160213110417j:image

会場、でかい!
1000人の定員に対して、6000人の申し込みがあったとか。
「だから、今日は満員、1000人来るはずよ」
案内してくれる子はさらりと言う。

f:id:tynoon:20160213110812j:image

こんなに人が並んでる…

このイベントは潮州でとても人気のあるものらしい。
旧正月でみんなが帰って来ているときに開催するので集まり易い。
外の世界で活躍している潮州人をゲストに呼んで話してもらい、それを若い人たちが聴き、いずれは彼らが活躍していく。
そんなつながりを生み出すことも目的としているそうな。

「今、潮州の若者は二極化している。潮州で安穏に暮らしたい人と、外に出て活躍する人と。もっとみんなに色々な生き方に触れてほしい」。
昨年の「聴潮」でゲストスピーカーだったシューシェンはそう語る。

f:id:tynoon:20160213112046j:image

イベントはゲストスピーカー6名が話す合間に太鼓あり、チェロあり、歌あり、パネルディスカッションありと、飽きさせない。

f:id:tynoon:20160213112415j:image

会場もでかいが、スクリーンもでかい。

会場には潮州出身のキャンパーも何人か来てくれた。
卒業後、何年か経っているキャンパーたちは活動のことを思い出したらしく、マンスリーサポーターになってくれると言ってくれたり、また活動に参加したいと言ってくれたり。

化粧品関連企業の経営者の方は、彼女の管理するWe-chatのグループに入っている2万人の人にJIAの活動支援を呼びかけてくれるという。

講演会を企画してくれるという人も。